アクセスカウンタ

<<  2018年7月のブログ記事 zoom RSS

トップへ


ちいさいパピーちゃん絵本の読み聞かせ、〇亜希子さんの古いアルバムから、西本鶏介先生の解説、

2018/07/13 11:10
画像



私の方からお願いしていただいた写真です。撮影は20年ぐらい前と聞いております。

★☆★  今日、紹介する絵本 / 「ちいさいパピーちゃんのおつきみ」

♪ あらすじ;
お月さまをつかまえて食べようとするユーモラスなお話から、思いやりの大切・自然に対する感謝の気持をほのぼのと伝えるお話。

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)

月に人間が行く時代であっても、月に豊作を祈 る祖先の心を学び、うさぎのもちつきを想像でき る感受性を幼児のうちから育ててあげたいもので す。

そんな願いをこめて、お月見の楽しさを幼児の 気持ちにそくして描いたお話です。
 
一年に一度のお月見。 すすきもおだんごもお供 えしたのに、空は雲ばかり。 もし、お月さまがでな かったら、どうしようと思っていたら 雲がとばされ、 空が晴れました。
パピーちゃんの心は 早くもお月 様のことでいっぱい。 

ところが、森のうえからとび だした補虫網。
あわてかけていったら、 お月さまを つかまえて食べようと待ちかまえる リスのリーくん。

お月さまなんか食べられないのにと、ちょっぴ リ優越感を持つパピーちゃん。
でも、パパとママの持ってきてくれた おだんごや おいもを食べながらお月さまを見ていると、おいし いおせんべいに思えてくるから 不思議です。

人のこ とを笑っていても、 自分だって同じようなもの。
そ れに気づくパピーちゃんの姿を通して、思いやりの 大切さまでも、さりげなく、ユーモラスに描かれ、い つもは何気なく眺めているお月様を身近な存在にし てくれます。

それにしても、すすきの原っぱで、お供えものを いただくパピーちゃんとリーくんの うれしそうな 顔。

お月さまの ありがたさと自然の恵みに対する 感 謝の気持ちまでが、ほのばのと伝わってくるようで す。

★☆★  「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ(購入も)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

♪ 購入の直接お問い合わせもできます。
株式会社メイト直通Tel  03−5974−4300

参考までに
★☆★  絵本の読み聞かせコツ ★☆★
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/ach-ehon-kotu.htm#1

★☆★   発行者情報 ※発行者 五十野惇
Email   pappy@mvh.biglobe.ne.jp
ホームページ  http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


海水浴絵本「ちいさいパピーちゃんのかいすいよく」、クチコミコメント、西本鶏介先生の解説

2018/07/10 10:59
画像


♪ 海水浴絵本「ちいさいパピーちゃんのかいすいよく」は、YouTubeで読み聞かせがご覧になれます。恥ずかしいのですが、読者の読み聞かせの参考になればと思い、五十野惇の読み聞かせを投稿UPしております。
https://www.youtube.com/watch?v=XosB9tcu9hQ

♪ あらすじ;
たった3本の白いひもが、たちまち波になって海の世界へと運んでくれる。まねっこ遊びから本物以上の体験や夢を感じとるお話。

♪ クチコミコメント

★☆★  望〇路子さんが写真を送ってくれました  ★☆★


★☆★  作者・五十野惇からの返礼コメント ★☆★

望〇路子さん  
おはようございます〜(^^♪お写真ありがとうございました。
「気に入ったので・・・」とのこと。気に入るとなんだか伝えたくって・・・やっぱり、そうですよ!仲間がいるから、こんな写真がUP出来るのですね。
Email   pappy@mvh.biglobe.ne.jp

参考までに
★☆★  絵本の読み聞かせコツ ★☆★
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/ach-ehon-kotu.htm#1

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)

どんな現実のできごとからでも 幼児の夢は大き く、ふくらみます。
たとえ、まねっこ遊びからだって 本物以上の体験を感じることができます。  

見えな いものが見え、不可能なことが可能になる、そんな 豊かな心をいっぱい持っているのが幼児のすばら しいところです。  
その心をた〈みに刺激して、海水浴の楽しさを 存分に味あわせてくれるお話です。  

たった三本の白いヒモが、たちまち波になって、パピーちゃんを 海の世界へと運んで〈れます。
もうすっかりその 気になったパピーちゃんの頭には、海のことしか ありません。

色紙で魚を作り、タコをつくつて並べ ると、部屋の中は完全な海。
とびこみ台のつもりの 椅子から海へとぴこんだら、色組の魚も、波も、白 いヒモも、いよいよ本物に変わってしまいます。

ここには、 食いしんぼうで、 冒険好きの幼児を、お話の世界に 運び込まずにはおかない
りアリティがあります。
泳ぎ疲れて食べるおむすびの味。
色紙のおむすぴ とて本物以上のおいしさです。
そして、ふと現実に もどつたとき、今度は本当の海水浴が待っていま す。
空想のできごとは、 明日になれば現実となるの です。

ファンタスティックなお話の魅力は お話の国へ 行って帰り、また行きたくさせるところにありま す。

そのまた行きたくなるところが
本当の海という のですから、
子どもにとって、
こんなうれしいこと はありません。

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ(購入も)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)
♪ 購入の直接お問い合わせもできます。
株式会社メイト直通Tel  03−5974−4300

★☆★ 子育てコラム「子どもと自然」

♪ すいれん 詞 /五十野惇


ゆらり ゆらり すいれんの はな
みずに うかんで ゆれるよ
あららら トンボが とまった
ゆらり ゆらり
すいれんの はなの おふね

ゆらり ゆらり すいれんの はっぱ
みずに うかんで ゆれるよ
あららら トンボが とまった
ゆらり ゆらり
すいれんの はっぱの おふね

♪♪♪ クチコミコメントから ♪♪♪
静かで綺麗なお話だと思いました。読んでいるとその情景が思い浮かびます。水面に浮か
んだ葉の上にたった一つの花しか咲かないすいれんは、派手ではないけれど私は好きです。

☆ 五十野惇の〈子どもと自然ホームページ〉
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/bch-100-s.htm

※ 発行者情報 ※
発行者 五十野惇
Email   pappy@mvh.biglobe.ne.jp
ホームページ http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちいさいパピーちゃん絵本の読み聞かせ、矢島美紀さんの古いアルバムから、西本鶏介先生の解説、

2018/07/06 10:30
画像


参考までに
★☆★  絵本の読み聞かせコツ ★☆★
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/ach-ehon-kotu.htm#1

★☆★  今日、紹介する「ちいさいパピーちゃん絵本5月号」
♪ あらすじ;
楽しい語りかけを通して、自分が父と母の宝物であることを知ることで、父も母もまたかけがえのない人であることを知るお話。

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)
自分の存在を主張したくなる気待ちと、それを確 認してもらえることの喜び。
幼児の自我の成長をあざやかに描いたお話です。

「パピーちゃんは どこに いるの」。
かわいい問 いかけであっても真剣な問いかけ。
パパとママはやさしく答えてあげます。
「パピーちゃんは おへやの なかに いる」
「それから おうちの なかに いる」  

パピーちゃんの心はうれし〈なって広い世界へと 飛び出していきます。
村から国、地球、そして宇宙 へと。

パピーちゃんは 全宇宙の中のほんのちっぼけな存在。
小さな小さないのち。
でも、パピーちゃん は パパやママにとって、なによりも大切な存在なので す。

電車にのって遠くへ行っても、お船にのって遠くへ行っても飛行機にのって遠くへ行っても、ちゃんとパパとママの心の中にいます。
いまより もっともっと大き〈なっても、やっぱり、パパとママの心の中にいます。  

幼児への楽しい語りかけを通して、 いのちあるものの尊さとそれへの愛の深さを、
しみじみと語りか けてくれます。

人も自然もそしてすべての生き物が −つになって生きることのすばらしさ。
全宇宙の微塵となってお互いの幸せを願う、そんな哲学までも 感じさせてくれます。

それを親子の愛のつながりによって、象徴させたところに、このお話のすばらしさがあります。

自分がパパとママの宝物であること を 自覚することで、パパとママも、また、かけがえのない人であることを知るのです。

★☆★  「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ(購入も)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

♪ 購入の直接お問い合わせもできます。
株式会社メイト直通Tel  03−5974−4300

★☆★   発行者情報 ※発行者 五十野惇
Email   pappy@mvh.biglobe.ne.jp
ホームページ  http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どんな願いを?七夕絵本「ちいさいパピーちゃんのほしのくに」、クチコミコメント、西本鶏介先生の解説、子

2018/07/02 12:29
画像


♪ 海水浴絵本「ちいさいパピーちゃんのほしのくに」は、YouTubeで読み聞かせがご覧になれます。恥ずかしいのですが、読者の読み聞かせの参考になればと思い、五十野惇の読み聞かせを投稿UPしております。
https://www.youtube.com/watch?v=EorvgCYE7Ec

♪ あらすじ;
七夕の空でハンバーグの星を食べる気分は最高。でも大変!?星空への冒険心をユーモアとスリルで描くファンタスティックなお話し。
♪ クチコミコメント

★☆★  Negi さんからコメントをいただきました  ★☆★

五十野惇 さん おはようございま〜す♪
夢でよかった〜〜・・・
そうぞうしていたものの、どうなるのか気にしながら・・・
ハンバーグの星で降りたら、やっぱり食べて美味しくてまた食べて・・
そしたらオッこったゃった・・・夢で良かった〜〜
微笑んでいるママに抱かれて・・・良かった・・!!
五十野惇さん、経験豊かで、想像力、発想力・・とても素晴らしいですね!!
絵本のストーリーを考え、優しい絵にして優しい言葉にして・・
可愛い幼児たちが、喜ぶ姿を想像しながら・・・
とても素晴らしい「七夕絵本・星のくに」を拝見させていただき、
そして五十野惇さんの優しさに感動をいただきました。
ありがとうございました。

★☆★  作者・五十野惇からの返礼コメント ★☆★

negi さん こんにちは〜♪
こうもコメントを書いて下さると、
なんだかうれしくってビビッてしまいます。
あの negi さんの「僕ら楽しくて幸せだよ」の感動がまだ心に残っているからです。
アイスクリーム・すいか・ハンバーグ…子ども達のごくありふれた日常を、チョット輝くようにと、七夕やお星さまなど絡めて作りました。
パピーちゃん絵本12冊の中では比較的面白い内容になりました。
想像力、発想力・・と、いつも頭をかかえています・・・
ありがとうございました。

参考までに
★☆★  パパのための読み聞かせコツ ★☆★
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/ach-ehon-papa.htm#1

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)

短冊に願いを書いて星に祈る七夕祭り。
でも祈る だけてはつまらない。
もし、 あの星の所まで行〈こ とができたら。

なんとパピーちゃんの大好きなUFOが迎えに来てて〈れたのです。
「さあ、しゆつぱつ」、 パピーちゃ んは、もう星の国です。
しかも、食いしんぼうのパ ピーちゃんにはすてきな星ばかり。

アイスクリ−ム の星に、スイカの星。
ハンバーグの星を見つけたと きには、思わずストップをかけてしまいます。  
七タの空でハンバーグばかりててきた星を食べる 気分は、幼児にとって最高の気分。

でも、夢中で食べ ていたら、ハンバーグはどんどん小さくなって、みんな下へまっさかさま。
はっと気がついたらペット から 落ちていたパピーちゃん。  
星空への思いをユーモアとスリルで描くファンタ スティックなお話です。

UFOにのったり、食べ物 の星が出てきたり、 このお話に出てくるのは、幼児 をわくわくさせてくれるものばかりです。

ここには、 食いしんぼうで、冒険好きの幼児を、更 には、現実と空想を自由に行き来する幼児の感受性 をイキイキと刺激してくれます。
お話とともに絶え ずゆれ動く気持ち、そのゆれ動きこそが豊かな 想像力を生むのです。

ありふれた七タのお話ではなく、今日の時代に生きている子どもの本質までもきちん とふまえています。

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ(購入も)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)

♪ 購入の直接お問い合わせもできます。
株式会社メイト直通Tel  03−5974−4300

♪ 子育てコラム「子どもと自然」

かたつむり  詞 /五十野惇
★ かたつむりは にょろ
うちを せおって にょろ
にょろ にょろ
★ かたつむりは ぽり
はっぱを たべる ぽり
ぽり ぽり

♪♪♪ クチコミコメントから ♪♪♪

『にょろにょろ』と『ぽりぽり』という言葉がとても可愛い詩ですね。かたつむりの動く
様子を『にょろにょろ』と表すのは分かりますが、葉っぱを食べる様子を『ぽりぽり』と
表すのには、独自のアイディアが出ている感じがしてとても面白いと思いました。それに
子供たちが好きそうな音なのも良いですね。

☆ 五十野惇の〈子どもと自然ホームページ〉
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/bch-100-s.htm

※ 発行者情報 ※
発行者 五十野惇
Email   pappy@mvh.biglobe.ne.jp
ホームページ http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2018年7月のブログ記事

トップへ

ちいさいパピーちゃん絵本・CD 2018年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる